実技講習の大失敗!

最悪の大失敗をやらかしてしまいました。

 

昨日は前々日の疲れが出てしまい、今夜も7時から実技講習があるとわかっていながら

不覚にもうたた寝をしてしまい、受講生3名が帰ってしまいました。

事務所の電灯がついておらず、受講生3名は留守と判断し帰宅したそうです。

 

19:30頃電話連絡があり、その旨を聞いたわけなんですが

帰宅する前に電話してくれれば、私も起きたと思うのですが

用があって出かけているか、疲れていると判断したようです。

 

夜間講習も無理を言って、やってもらっているので

どこかしら引け目があるのか、ブラジル人の気遣い心遣いなのか

のちの電話で、後者と言うことがハッキリわかりました。

 

このへんも、私達日本人とは感覚が違うようです。

日本人ならワンワン電話なりそうですもん!(笑)

 

また電話での応対も私を気遣う言葉があり、 穴があったら、入りたいとはこの事でしょうか。

それと同時に、人の失敗を責める人たちや、人の失敗を寛大な気持ちと心遣いで許す人たちの思考を

彼らに教えられた気持ちになりました。

 

本日は土曜日ですが、夕方4時頃より来てもらえるようなので

そのくらいの時間でしたら私も元気なので助かります。

 

え? ブラジル人に

なんて言い訳したのかって?

 

弘法にも筆の誤りとか、やたら小難しい事言っちゃって

ケムにまきました(コラ~ッ!)w

 

しかし不思議なもので、彼らとの距離がホンワカと

縮まったときでもありました。

 

災い転じて福となす、と言うことでしょうか。

 

__________________________

 

※復旧記事のため更新日と記事内の曜日や日付にズレがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA