新築清掃の場合

新築清掃の場合

先日、お話をした「ハウスクリーニング開業前の予備知識」 ハウスクリーニング業を初めるには、の続きとなります。

 

新築清掃の場合は、主に建設会社等からお仕事を頂き

新築完成までの、現場内の片付けを含む清掃から、 完成時の引き渡し清掃まで行う。

 

※現場内の片付け等は派遣会社より、 いわゆる雑工夫と呼ばれる人材を派遣してもらい

現場片付け作業をしてもらうことも多いので 一概に、現場内全部の清掃片付けをするとは限りません。

ケースバイケースだと思われます。

 

現場の建設規模にもよりますが、数週間~、数カ月から数年にかけて その現場に、毎日通うことになります。

 

就業時間

8時から17時までの勤務となり 時間拘束は、会社勤めと変わらない。

もちろん、夕方5時に終わるとは限りません。

1分の遅刻でも容赦なく出入り禁止になる場合もありますので

じゅうぶんお気をつけ下さい。

 

現場内環境

朝はラジオ体操と朝礼から始まり 各業者(会社)の職長が本日の工事予定を発表する。

職長という資格も必要になりますし、朝礼時に本日の作業報告と安全宣言もしますので

人前で話すのが苦手な方は向いてません。

 

建設関係は規律に厳しいので、緩慢な態度や行動が

事故に繋がると言う意味で、そうなったようですが

まれに勘違いしている「俺はえらいんだ」的な 軍の指揮官的な監督もいます(笑)

 

昼食の場所、休憩の場所も細かく決められており、現場が広いと行き帰りだけで、かなりの時間を要す場合もあり

車の中での休憩、食事、タバコも禁止されている場合も多い。

また大手ゼネコンの場合、数名の若手監督が メガホン片手に横並びとなり、

監視している様は 刑務所の看守のようです。

 

目の前の物を取りたいからと、安全柵を跨いで 取りに行っては行けません。

どんなに遠まわりになっても、歩行通路がある場合はぐるっとまわって取りに行きます。

一瞬の気の緩みが、大きな事故につながりますので安全に対してはかなり厳しいです。

 

作業内容

新築なので、特別な事が無い限り油汚れはない。 主な汚れは、建設時に発生した埃となる。

サッシ窓、建具、床等の養生シートやガラス面の注意シールの除去。

場合によっては、床、外壁などのコンクリート部分の酸洗い。

 

以上の理由から、空室清掃とくらべますと

時間的拘束があり、自営業だからと言って自由奔放に仕事はできません。

あくまで管理された現場で他業種、他業者と

スケジュール通りに、仕事をしていくことになります。

 

資材搬入や仕事の進捗状況次第では

待たされる事もあり、待った分自分の作業時間が遅れることもあります。

うまいこと他業種の職人に、込やられる場合もあるので気の弱い人には向いてないかも?

あとヘルメットもかぶらなきゃいけない現場もあるし!

 

一方、空室清掃は「ハウスクリーニング開業前の予備知識」で書いた通り

納期さえ守れば、常識の範囲内で作業開始と終了時間は自由です。

ここで言う常識の範囲とは、夜間や早朝時の「隣の住人様がお休み中」であると推測される時間です。

 

上記を読んで、サラリーマンの延長みたいで嫌だと感じる方なら

新築現場は不向きと言えるでしょう。

 

私もいやです(笑)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA